大切な家族やペットを亡くした方のためのグリーフケアサイト

夫を亡くして「涙はいっぱい出ましたが…」

グリーフケア専門カウンセラーの日高りえです。

メール相談を受けられた方から、Yさまから、うれしい感想をいただいています。

以前にお送りいただいたメールですが、エールフォワードとして受け渡していきたいとと思います。

エールフォワードとは、
喪失体験のある方が少し過去を振り返り、愛する方を亡くした時、助けになったこと・励みになったこと・心の支えになった体験を、エールを込めて受け渡していくという意味で名付けています。

 

涙はいっぱい出ましたが、終えたらなんとなくですが、優しい気持ちになれたというか、優しい彼が浮かびました。

これからも彼と共に生きていきたいと思います。

このメールは私にとってお守りのように感じます。

暖かいお言葉ありがとうございました。

 

大切な人を亡くすということは、哀しみだけではなく、「なんでなの?」と理解できなく、混乱することも多いです。
いろいろな気持ちが混在するなかで、亡くなった方に対して、怒りを感じることさえあります。

それは決しておかしなことではありません。
自分のことを置いて行ってしまった人に対して、自然な思いだと私は思います。

今は優しい気持ちになれて安心しました。

いつも、メッセージメールを受信していただきありがとうございます。

カウンセラー 日高りえ

「エールフォワード」あなたの体験をお聞かせください。
想い出のお写真とともにご紹介させていただきます。

体験をお聞かせください

関連記事

PAGE TOP