大切な家族やペットを亡くした方のためのグリーフケアサイト

母を亡くして 天涯孤独で死ぬことばかり考えていたけど 夜明けが…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カウンセラーの日高りえです。

れいこさんから、エールフォワードをいただきました。

エールフォワードとは、
喪失体験のある方が少し過去を振り返り、愛する方を亡くした時、助けになったこと・励みになったこと・心の支えになった体験を、エールを込めて受け渡していくという意味で名付けています。

去年の7月、8月は、天蓋孤独になった私の人生は生きる価値もないと思い、死ぬことばかり考えていました。

うつ症状がひどく、しばらく引きこもりのような生活をしていました。

それでも、カウンセラーのところには通っていました。自分の思いを話せる人をつくることは大切なことだと思います。プロの方は、それが仕事なので、きちんと対応してくれます。

インターネットでは、死にたいと思っている人たちの書き込みや、励ましの言葉のサイトや、私と同じように大切な人を亡くした人たちの言葉のサイトなど、気分に応じて色々見ました。

また、自分の気持ちを文章にして書いていました。私は昔から文章を書くことが好きなので、これは効果がありました。話すのが辛いときには、書いた文章をカウンセラーの人に見せたりしました。

少し気持ちが楽になってからは、グリーフケアの本を読んだり、公園に行ってスケッチをしたりしました。そういう作業をしている間だけでも、悲しみや絶望的な気持ちから少し開放され、平穏な気持ちを取り戻せました。

1年後の今は、私は生きることを考えています。最近、母はこの世にいなくても、母の思いは残っていると強く感じます。私は母の思いでできているからです。

母が慈しんで育ててくれ、私の夢が叶うよう、誠心誠意応援してくれた結果が今の私です。寂しくても、私を殺すことは、母の思いを殺すこと。だから、自分を大切に生きていこうと思っています。

母はいつも私の中に生きています。

■今つらい状況の方にどんな声をかけますか。
無理しないで、辛いときは思い切り悲しんでいいと思います。もう絶対に立ち上がれない、どん底だと思っていてもいいと思います。私もそうでした。でも、信じられなかったけど、やっぱり明けない夜はありませんでした。今はきっと、思いきり悲しむ時。でも、夜明けは必ず来ますよ。

れいこ

れいこさん、エールフォワードをありがとうございました。

死ぬことばかり考えていたところから、自分を大切に生きていこうと思えるまで、そう簡単なことではなかったと思います。きっと、れいこさんのお母さまへの愛が、生きる力に代わっていったのだと私は思います。

「空けない夜はありませんでした。夜明けは必ず来ますよ。」この言葉は、本当に励みになる説得力のあるお言葉です。

多くの方の心の励みとなりますように。

れいこさんの、これからの人生を応援しています。

日高りえ

 

「エールフォワード」あなたの体験をお聞かせください。
想い出のお写真とともにご紹介させていただきます。

体験をお聞かせください

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

PAGE TOP