大切な家族やペットを亡くした方のためのグリーフケアサイト

夫を亡くして「悲しみ、喪失感はしばらく続くでしょうが」

グリーフケア専門カウンセラーの日高りえです。

ご相談を受けられた、ご感想のメールをいただきました。

エールフォワードとして受け渡していきたいとと思います。

エールフォワードとは、
喪失体験のある方が少し過去を振り返り、愛する方を亡くした時、助けになったこと・励みになったこと・心の支えになった体験を、エールを込めて受け渡していくという意味で名付けています。

 

こちらこそ、今日はありがとうございましたm(_ _)m

私の思いの全てを聞いて頂けて、心癒されました。

主人の死が主人や私が計画してきた事と乗り越えられない物は与えられないから大丈夫だというお話に感銘を受けました。

どうして私だけ、こんな悲しい思いをしなくてはいけないかなと情けない気持ちでしたが、私の計画してきた事なら仕方ないと思えました。

ありがとうございました

悲しみ、喪失感はしばらく続くでしようが焦らないで、自然体で、少しずつ前向きになれる努力もしていきます。

 

本当に、どれだけ哀しい思いをしなくてはいけないんでしょうね。

なぜ私が・・・

この世だけでは理解できないことも、あの世と一つとして考えると、そういうことだったのかと納得できることがあります。
私が実際にそうでした。
あの世とこの世を理解できたから、やっと死別の哀しみを乗り越えることができました。

とはいえ、頭では理解できても現実問題受け入れがたいことは山ほどありますので、ゆっくりでいいですよ。

また、いつでも相談してください。

 

グリーフケア専門カウンセラー 日高りえ

「エールフォワード」あなたの体験をお聞かせください。
想い出のお写真とともにご紹介させていただきます。

体験をお聞かせください

 

関連記事

PAGE TOP