大切な人や愛する存在を亡くした方のためのグリーフケアサイト

天国の愛猫へ「本当に伝え切れないほどの愛をくれてありがとう。愛してるよ。」

うももさんから届きましたお手紙をご紹介します。

うももさんから天国の虎太郎へ「天国への手紙」

虎太郎へ

虎太郎、あなたは私が中学2年の時に現れたよね。私はその時、人生を謳歌していた時代だったんだ。コタが現れたのは私が朝、毎週の日課だった散歩に出てた時に、コタは私の前に現れたんだよ。その時あたしは、どうして?っていう疑問の方が大きかったんだ。まだ近くにコタの親猫がいるかもしれない、ここで置いていったら、カラスに襲われたりしてしまう、いろんな感情がぐるぐる頭をよぎっていたんだ。

でもコタはそんなうちの決心を決めるように、あたしを信頼くれたのか、足元へ寄ってきてくれました。あたしはその瞬間、もうこの子はうちの子、と言う感情の方が勝りました。すぐにでも連れて帰ればよかったのに、その時はテンパってしまって、わざわざコタのいたおうちの家主さんに聞こうとして一時間も待っていました。そんなことするのは、今となってはなんてバカな事をしていたんだろうとも思えます笑

私はその時、なぜかあと1匹の猫が見えたかのようにも思えました。子猫だと勘違いしていたのかもしれないけど、もし、あの子が子猫でコタの兄弟だったのであればすごく申し訳ないと思っています。救える命はまだいたかもしれないのに、中断してしまったこと、ごめんね。

それから家に帰ってコタを一日様子見した時に、すごく人懐っこい子だね。と思ったんだ。心配もしてたし、この子は親の許可が取れるのか分からないっていう感情もあったけど、そんなことはどうでもいいってぐらい、目に入れても痛くないってぐらい、コタはとっても可愛かったよ。コタは私が今まで見た中でダントツにかわいい野良ちゃんだよ。

それから一日経ってやっと親にも認めてもらえて、コタは正式にうちの家族になった。でも、病院でコタがひどい脱水症状だって言われた時、胸が痛かった。思えば最初からコタの体のこと心配していたのかもしれないね笑でも、そんなことないってぐらいコタは元気にミルクを飲んだり、ご飯を食べてくれてたよね。あの時も、無理してたりしてなかった?でもそんな元気な姿が見れたことが、とても嬉しかったんだ。

どんな名前をつけようかと思って、案を出していたんだけど、ママが虎太郎がいいと言っていたので、その名前にしたんだ。コタは気に入ってくれたかな?
虎のように強い子に育つようにって願いも込められてるんだよ。

タ、あたしはコタに謝らなくちゃいけないことがあるんだ。コタのいる間、あんまり入れる時間がすくなくてごめんね。実は合唱コンクール前で凄くクラスは精が入っていたから、そこで抜けるってことの選択ができなかった。コタのことが心配でも、優先することができなかった。本当にごめんなさい。

部活だって理由を説明してもっと早く帰ってくればよかった。少しでも長い間、コタといれる時間がもっと欲しかった。寂しい思いをさせてしまったんじゃないのかな。それでもあたしが帰ってくると元気に鳴いてくれて本当に嬉しかった。

合唱コンクールの前々日、私が帰ってきてからまりがコタを見てなくて、2階に行った時、とてもグッタリした様子のコタを見て、とてもまりに怒ったんだ。なんで何も言わないの!って、怒る姿なんか見たくなかったよね。コタはあの時、とても痛かっただろうし、辛かったと思う、もうほとんど自分で足が動かせないぐらいになってて、見ててとても辛かった。

あの日、遠い救命センターに行けばよかった。そうすれば、延命もできたかもしれなかった。あの時あたしは動揺で何も動くことが出来なかった。もっと正確な情報さえわかっていれば、コタは次の道があったかもしれないよね。

ごめんね。本当にごめんなさい。次の日心配で仕方なかったのに、学校に行く事を選択したこと、今でも後悔してる。あんなにも苦しそうなコタを放って学校に行ったこと、本当に後悔してる。合唱コンクールの練習だって、参加するべきじゃなかった。あの時のんきに友達を連れてきてコタを見てもらおうとしたこと、またダメな飼い主が出てしまった。ごめんなさい。

あの時のママの表情は忘れられない。コタが天国に行った事を伝えられた時、コタの前でうずくまってなく妹を前に、私は泣けなかった。
コタが天国に行くなんて、実感がなかったから。病院に行けば、助かるかもしれないと言う選択もあったけど、私は首を横に振った。苦しい思いはさせたくないって、コタはどう思ったのかな。助かる可能性に賭けた方がよかったのかな。私は今もその選択をしたことを悔やんでいます。コタがどれだけ大切だったのか、私はいくつ選択を間違ったんだろうか、正しいことが出来なかった自分が本当に嫌だ。

コタは、こんなダメな飼い主で幸せだったかな。私なんかよりも猫に詳しい偉い人だったなら、コタを救ってもらえたんだろうか。一日でも早く病院に行けばもっとちゃんとした対処が取れたのかな。今では後悔ばかりが残っています。

コタに会ったのが、あの日の朝が最後なんて、とても苦しかった。もっと最高の愛情を持って接すればよかった。お別れなんて、苦しかった。怒ってる顔なんか見たって何も嬉しくなかったよね。長い闘病生活も、苦しかったんじゃないかな。薬を飲んで、注射を打って、病院が嫌いになったはずなのに、変わらずいてくれたこと、本当に、コタには頭が上がらないよ。

コタは、どんな気持ちだったのかな。どんな顔で旅立ったのかな。最後まで、側にいてあげられなくてごめんね。最後までコタを送ってあげたかった。そのあとコタを火葬しに行ったんだよ

コタは悲しくなるぐらい、お骨が細かった。もっと食べさせてあげたかった。もっとおねだりを聞いてあげればよかった。何もできないダメな飼い主で本当にごめんね。コタは、うちに来て幸せだったかな?コタは、今天国で何をしているのかな。たくさんの友達に囲まれて笑っていますか?たくさんご飯を食べて、もう太りすぎだよって言われるぐらい、大きくなりましたか?私たちが出来なかった後悔を拭えるぐらい、天国で元気してますか?1人にしてしまったけれど、心はいつだって私たちがそばに居るからね。

コタは私たちの最高の家族です。これからコタの弟妹の猫たちができるよ。コタもお兄ちゃんだね。こんな出会いも、コタのお陰だったりするのかな。私たちはその子たちが来たら、コタに挨拶するからね。そのときは、怒らずに虎太郎の優しさでお迎えしてあげてください。この子達は、コタの弟妹であって、コタや私たちの家族です。それだけは忘れないでほしい。

コタは、私に夢を与えてくれた。たくさんの動物たちを救えるような動物看護師になることを。
コタのお陰で私は動物のことを学べる学校に行くことが出来たよ。学校は凄く楽しいよ。いつか立派な動物看護師になって、たくさんの動物たちを救えるような人間になれるように今を努力しようと思います。最後になるけど、コタは私たちの、私の最高で大大大好きな家族だよ。コタに変えられるものはないってぐらい、コタを愛しています。

これからまだ見ぬ動物に会っても、コタへの愛情と同じようにたくさんの愛を持って接していくね。私に夢と希望、たくさんのものをくれた虎太郎、本当に本当に心から愛しています。生まれてきてくれてありがとう。私が天国へ行く時は、たくさんのおやつを持っていくから、その時は虹の橋まで迎えにきてね!それまでは私はたくさん頑張るからね。

本当に伝え切れないほどの愛をくれてありがとう。愛してるよ。

うもも

お手紙ありがとうございました。

うももさんの思いが、虎太郎くんへ届きますように。

日高りえ

 

天国へのお手紙をお送りください。
想い出のお写真とともにご紹介させていただきます。

天国へのお手紙をお送りください

 

 

愛する人を身近に感じることできる 天国からの「愛のメッセージ」

あなたへの言葉を受け取って♡

   ↓  ↓  ↓

天国からの「愛のメッセージ」詳細を見る

 

関連記事

  1. 虹
PAGE TOP