毎日10秒でここちよい状態を実感 ここちよメール

死別で大切な家族を亡くした方へ

ここちよメール配信

少しずつ変わりたい。変わらなきゃ。

穏やかな心を作るメール講座。

毎日10秒 ここちよい状態を体験

お申し込みフォーム

 

もし、これからの自分を本当に変えたいなら。

いいえ、自分を変えたいといういい方は、少し違いますね。いい状態にしていきたいと思うなら、これから先を読んでください。

 

いい状態とは、今よりも、もう少し穏やかに、軽やかになっている状態のことです。

つまり、ここちよい状態のことです。

 

辛い状態に陥ると、これからどうしていったらいいのかわかないって思いに襲われます。

やりたいことさえも失ったり、気力がなく意欲を持てなかったり。

 

そんなときは、ここちよい状態でいることに、エネルギーを使ってください。

 

ただ、大切な方が亡くなって、日が浅い状態だと、もう少し日が経ってからにしてくださいね。

心の痛みの方が強いので、嘆きを出していくことが必要です。だれかに話しを聞いてもらってください。

または、「心が癒されるメッセージ」「天国からの愛のメッセージ」にお申込みください。

心が癒されるメッセージ : https://angelqp.com/iyasaremsg
天国からの愛のメッセージ : https://angelqp.com/heavenlovemsg

 

また、本気でなんとかしたいと思っていない人も難しいです。なんとかしたいと思っていても、心の奥深くでは、実は本気でそう思っていない方もおられます。

 

自分では気づいていないけれど、こころの奥深くでは、今のままでいたいんです。

なので、その場合は何をやっても難しいです。残念ですが…。

辛い出来事が起こったときに、抑うつ状態に陥ることは必要なことです。

極力自分にダメージを与えないために、また枯渇してしまったエネルギーを貯めるのにも必要な状態です。

 

でもですね、この時期が長いと、ある思考回路が出来上がってしまう場合があります。

ものごとを悪いように悪いように考えてしまったり、1つの出来事をすべてがそうなんだと捉えてしまったり、何か良くないことが起こると自分のせいだと思ってしまったり。

 

悪循環のような思考回路の道ができてしまいます。

なにが起きても、その道に流れていってしまいます。思考のクセのようなものです。

 

なので、その流れを変えていかなくてはいけません。。

 

悪い流れを変えるって、どういうふうに変えればいいの?

 

・・・わかりますか?

 

普通だと良いように考えればいいのかって思ってしまうのですが、そうではありません。

まあ、それでやれる人もいますけどね。感謝しようとか、うれしいことを考えようとか。

私はダメです。そういうのは苦手です。ポジティブ思考とか無理…。

 

ではどう考えているかというと、どうしたらこの状況でも〇〇〇〇い状態でいられるかってことです。

さて、〇〇〇〇には何が入りますでしょうか。

 

 

・・・・。(考えてください)

 

 

答えは、どうしたら「ここちよい状態」でいられるか。です。

ここちよい状態とは、

湯船につかったときに、あー気持ちいいって思う感じです。

空気の良いところで深呼吸した時のような、気持ちいい穏やかな状態。安心で安全な状態。

 

この心地よい状態って、実は宇宙と波動共鳴を起こしている状態なんです。

 

波動共鳴とは、簡単にいうと同じ状態ってことなんです。同じ状態で響きあっている。生命の源である宇宙と同じ状態で、エネルギーが充電されている状態なんです。

 

エネルギーが充電されたら、やる気が出てきます。新しいことにもチャレンジしたり、楽しいことを行える、つまり行動していくことができていきます。

思考も自然に、明るくなっていきます。

 

なので、まずはここちよい状態を作っていくことが大切です。

癒し玉

 

では、どうやったらここちよい状態って作れるんでしょうか。

先ほど書いた、湯船につかるってこともその一つです。

でもね、お風呂が好きではない方もいるんですよね。

 

さて、そんな方は、どうしましょうか。

 

いいですか、

その時に、自分ならどうしたら心地よくなれるかなって考えるのが大切なんです。

 

ここ、本当に大切なポイントです。

 

ネットで得た情報や本で読んだ方法、または人から言われたことに、それはダメ、自分には合わない、そういう風には考えられない。ということは簡単ですが、自分で考えるってことをしないと、ずっとさまようことになってしまいます。

だって、あなたの趣味嗜好を知っているのは、あなた自身ですから。

あなたなりの方法を見つけてください。それは、あなたを助ける唯一の方法です。

 

そして、何かしら心地よい自分なりのものを見つけたら、次は、そういった心地よいことのレパートリーを増やしていくことです。

 

ある時には、心地よい状態になれても、ある時には、心地よい状態になれないときも出てくるからです。

なので、レパートリーを増やすことも大切です。

 

そんなレパートリーを100個持っておくといいという、臨床心理士の方が言っていました。

100個!!!

なかなかハードルが高いですが、これができれば、穏やかな心で過ごすことができますよ。

ぜひとも、やってみてくださいね。

 

えー、100個なんて無理って思ったなら・・・

心地よくなるためのお題をご用意しました。

心地よくなるためのお題(レパートリー)を、毎日メールでお送りいまします。

 

60日間、2か月です。計60個

100個には、40個足りませんが、実はまだ先がありますので、トータル120個くらいにはなると思います。

(結構大変だったんですよ。お題を作るの。)

 

この心地よくなるためのお題のメールを「ここちよメール」としました。

 

このメールを朝8時にお送りします。

なので、そのお題にしたがって、ここちよい体験をしてみてください。

 

早ければ10秒で終わります。

たった10秒、60日行う。

 

60日間、どうやったら心地よくなるかを毎日考えて実行すれば、必ずと言っていいほど、これまでと人生は変わります。

なぜなら、ここちよい状態になることができたら、ここちよい状態のものがやってくるからです。ここちよいことが外から起きやすくなってくるんです。

 

これも、波動共鳴ということです。

類は友を呼ぶ、みたいな感じですね。同じ状態のものが、同じ状態のものをもたらします。

 

だから、無理にポジティブにする必要なんてないんです。ここちよい状態を作っていけば、勝手にここちよいことが起こってきます。

無理にポジティブにすると、刺激が強すぎて、反動がきてしまいます。

マッサージでいうところも、もみ返しってやつですね。

 

あ、ちなみに、悪い状態の時は、悪い状態のものを呼んでしまいます。波動共鳴ですから、同じ状態のものを呼び寄せてしまうんですね。

こわいですね。

 

なので、余計に周りに対して苛立ちや、わかってくれないとか、思うことが多くなってしまいます。

思考のクセとしても、そのように捉えてしまう道が出来上がってしまいます。

 

なので、ここちよい状態を作ることが大切だってことがわかっていただけるかと思います。

新しい思考のクセを身に付けてください。ここちよくなるような、道を創っていきましょう。

 

こんなことも感じられます

ここちよい状態って崇高な状態で、亡くなった人とつながっていると思えるような状態です。

つながっているんだから、一人じゃないし、寂しさも感じません。

 

でも、時折寂しいなって感じるのも、人間だからこその感覚です。

 

けれど、思考回路をここちよい方に変えていくと、気分が落ちたときの救いとなります。

毎日たった10秒だけでも、そんな気分になれたら。

 

「ここちよメール」の次には、歓びを感じられるように「よろこびメール」が待っています。

 

毎日メールの内容を実践するだけで
  • 他の人の方法ではなく、自分だけの癒しの方法が見つかる
  • 自分をここちよくするための、一生役立つ考え方が身につく
  • 孤独や寂しさの軽減になります
  • 気分が下がったときの救いとなります
  • ここちよい状態が、ここちよい出来事を呼び寄せます。

毎日10秒で、ここちよい状態を実感できます。

昨日と同じ、思考回路では1か月後も変わらず今と同じ状態です。

新しい思考回路を創って、本気で今の状態を変えたいと思うなら、ぜひお申込みください。

 

毎日届くのここちよメールの料金

毎朝8時配信 60日間

料金は、1か月9,900円(税込み)×2か月=計19,800円になります。

(クレジットカード決済、またはお振込み)

 

※(重要)@angelqp.com のドメインよりメールが届くように設定をお願いします。。

お申し込みフォーム

ご褒美プレゼントもご予定しています。

PAGE TOP