大切な家族やペットを亡くした方のためのグリーフケアサイト

夫を亡くして「これから死別からの一歩を踏み出せそうです」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

グリーフケア専門カウンセラーの日高りえ(エンジェルQP)です。

以前にメール相談を受けられた、Mさまからいただいたメールになります。

メールの文面からご主人への愛情が、ひしひしと伝わってきます。
死別の悲しみを知らない人には、理解してもらえないですよね。残念ながら。
逆に傷つくことも多いです。。

そんな中、死別からの一歩を踏み出せそうで、本当によかったです。

エールフォワードとして受け渡していきたいとと思います。

エールフォワードとは、
喪失体験のある方が少し過去を振り返り、愛する方を亡くした時、助けになったこと・励みになったこと・心の支えになった体験を、エールを込めて受け渡していくという意味で名付けています。

エンジェルQP 日高りえ様

届きました。
ありがとうございます。
エンジェルQPさんのご返答に涙が出ています。
本当にありがとうございます。

私は、主人のことを自分の中で十分わかっているのに
誰かにあと押ししていただきたくてもがいていました。

こんなこと、自分の身内や友達に話したところで
60歳にもなったおばさんが、今さら愛だのなんだのって
悩んでいるわけ?って一笑されます。
特に死別を経験していない人には、ばかみたいって。

私も主人が生きていれば、主人に強気で怒って、泣いて
そして甘えて、その後「あはは~」って笑い飛ばせる人間なのですが・・
最愛の人と死別するって、性格まで変化する時があるのですね。

エンジェルQPさんが書かれていたように、

主人は反省しているようなのです。
主人は今毎日
「許してくれ!そんな深刻なこと書いたんじゃない、
そこまで雅子が苦しむって思わなかった、あさはかだった、ごめ~ん」

って言っているようなのです。

エンジェルQPさんに出会えて本当に良かった。

心が救われました。

主人の愛情を一身に受けて、これから死別からの一歩を踏み出せそうです。
何度か落ち込みそうになったら、またご相談させてください。

エンジェルQPさん、今後も悩める人のお力になってくださいね。

本当にありがとうございました。

Mさま、ありがとうございました。
「最愛の人と死別するって、性格まで変化する時があるのですね。」って言葉が、とても印象的です。

 

こんなに弱いはずじゃなかったのに、こんなに人をうらやましいと思ったこともなかったのに、こんなに悪いことばかり考えるはずじゃなかったのにと、愛する人を失うと、いろんなことが変わってしまいます。

それでも、いつかはまた心が修復していきます。必ず。

日高りえ

「エールフォワード」あなたの体験をお聞かせください。
想い出のお写真とともにご紹介させていただきます。

体験をお聞かせください

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

PAGE TOP